開聞岳頂上で聞いた、指宿の温泉に行くなら砂むし温泉もいいけど、
鰻池のほとりにあり、指宿温泉地区の中で唯一単純硫黄泉である
『鰻温泉』がおススメとの情報を得ました。

しかも、200円という安さ。

疲れた体を癒すため、鰻温泉を目指します。

『区営 鰻温泉』
住所:鹿児島県指宿市山川成川6517
電話:0993-35-0814
営業時間:8:00~20:00(受付終了 19:30)
定休日:第1月曜日(祝日の場合は休みなし)
料金:200円 小人(小学生以下:100円)
駐車場:20台  
アクセスは、 
鹿児島市内から車で1時間20分。
JR山川駅から車で15分ぐらいです。

江戸時代から続き、かつては、西郷隆盛が湯治した場所として知られています。
適応症は、慢性皮膚病、慢性婦人病、きり傷などです。
木造平屋瓦葺切妻屋根の浴舎に、脱衣所と浴室が1つ、洗い場が3つのシンプルな温泉です。日曜日の昼過ぎだったためか、貸切で温泉を満喫することができました。

そして、ここでのもう1つの楽しみが、温泉玉子です。
入浴する前に注文し、風呂上りに受け取って帰ります。
温泉玉子は5個で200円だったと思います。
ちゃんと塩の袋も入ってあり、温泉の蒸気で蒸された玉子は温泉の味がしみ込んでいて、濃厚でおいしかったです。

この地区では、スメ(巣目)という噴出する高温の蒸気を利用した天然の蒸しかまどがあります。さつま芋などの食材を持参して利用することができます。是非、この地に昔から伝わる調理法を体験してみるのもいいですね。

さて、山に登り、温泉も入り、お土産も買ったので、
岐路につきたいと思います。