鹿児島市内で、
時間を有効に使いたい方、運動したい方、桜島の絶景を見たい方 必見!!

鹿児島中央駅から車で10分、鹿児島の繁華街「天文館」からも10分
アクセスが良く、自然を感じることができ、鹿児島のシンボル「桜島」を眺める
ことができる場所が、『城山自然遊歩道』です。

明治23年、鹿児島市最初の公園として開設されました。
公園面積は、展望台(高さ107m)から東側斜面を含む15.6ha。

緑豊かな遊歩道や雄大な桜島、美しい錦江湾、市街地を眺める展望台、林間で遊べるドン広場、鶴丸城の二の丸庭園であった探勝園などがあります。

また、樹齢約400年にもなるクスの大木など常緑広葉樹やシロヤマシダ、シロヤマゼンマイなどのシダ類など、約600種余りの植物が密生してます。市街地にあって南九州特有の照葉樹林を保ち、数多くの野鳥や昆虫が生息する自然の宝庫です。
このため、約10.9haが昭和6年6月「史跡・天然記念物」として国の文化指定を受けています。

城山自然遊歩道は、照国神社横の探勝園側入口と岩崎谷の薩摩義士碑側入口の2か所の入口から入り、自然を鑑賞しながら展望台へ至る約2キロメートル(30分)のコースです。

今回は、桜島から出てくる朝日を見るために暗いうちから登り始めます。
ヘッドライトを装着し、照国神社横の探勝園側入口からスタートです。

写真を撮ろうと考えてましたが、街灯がなく、ヘッドライトの灯りのみで
2m先は真っ暗で何も見えないんです。
暗闇から聞こえてくる足音や物音にビビりながらも、
人とすれ違うときの挨拶に何度も安心しながら展望台を目指します。

道は、綺麗に舗装されているところや、土のところもあり、老若男女、朝昼夜問わず登ることができると思います。実際、走られてる方や夫婦で登られてる方も多く見かけました。
2㎞(時間にして30分)の歩道コース、意外ときつくて汗もしっかりかいて、いい運動になります。

歩くこと30分、
展望台に近付くにつれ、何やら音楽が聞こえてきます。
もしや早朝フェス!?
そんな楽しいことが行われていたのかと疲れた体も音楽に導かれ、自然と速足になります。
そして、明かりが灯されている展望台で行われていたのは

誰もがやったことがある運動で、健康にいいと言われている
「ラジオ体操」でした。笑

40名ほどの人が、運動されてました。
自然遊歩道を歩き、ラジオ体操をして、桜島と朝日を見て、最高の1日の始まりです。
桜島・朝日・自然・人からたくさんのパワーを頂くことができ、
朝の出勤前にでも有意義な時間を送ることができると思います。


是非、市街から10分と近場で自然と早朝フェス(笑)を体感できる、『城山自然遊歩道』
おすすめの一つです。

それでは、近くにいい温泉があるので朝風呂して帰ります。